SIMフリー

MVNOのSIMフリーがあれば格安スマホに大変身!格安SIMやってみなはれ

mineoが来たのでソニーXperia acro HD SO-03Dに差してスピードテストしたみた件。

読了までの目安時間:約 4分

 

ついにmineoのSIM到着

mineoSIM

 

とうとう我が家にmineoが着ました。

 

さっそく設定をさくっとやりましてすんなりとネットに接続成功。

 

メール設定もそう難しくはありませんでしたね。

 

それにしても相変わらずmineoのページは醜いですね。

 

否、醜いではなく見にくいです。まぁどっちでもいいんですけどね。

 

とりあえず私が契約したコースは・・・

 

ドコモDプラン
データ通信のみシングルタイプ
パケット制限コース(1GB)

 

です。これで様子を見てみようと思うわけです。

 

今なら6か月・月額基本料金無料キャンペーンを実施中なんです。

 

さらにDプランなら3ヶ月・月額基本料金無料といった具合です。

 

Dプランキャンペーン

 

つまりは6か月X800円が無料となるんです。

 

これはお得ですねぇ~^^。

 

さらにDプランだとプラス3ヶ月上乗せでお安くなるといった塩梅です。

 

Dプランキャンペーン02

 

でも今見たらそのDプランの3ヶ月上乗せは終わってました。残念ですね。

 

もうひとつのauプランは継続しているみたいです。

 

私の場合は終わる前にさくっと契約できたというわけです。

 

Dプランキャンペーン03

 

ラッキーでしたね^^

 

mineoとSO-03Dでスピードテストやってみた

Dプラン通信速度

 

ではmineoとSO-03Dでスピードテストやってみましょう。

 

mineoスピードテスト

 

下りが1.09Mbpsとなりました。

 

以前ワイヤレスゲートで測った時はもっと遅かったですね。

 

その画像を引っ張ってきました。

 

ワイヤレスゲートwifi

 

0.25Mbpsという生ける都市伝説ですねすでに。

 

しかしこれだけスピードアップすれば外出してもサクサクと検索できるのではないでしょうか?

 

以前のワイヤレスゲートの安いプランは250kbpsでした。

 

その当時は褒めてましたけどこれは使い物にならないですね。

 

しんどいです。

 

なのでこのmineoで様子を見ていこうと思います。

 

Xperia SO-03D 格安SIM    コメント:0

CRESTIA 402KCからXperia SO-03DにSMSメールを送った件

読了までの目安時間:約 3分

 

402KCのSMSメール攻略


Xperia SO-03D

 

ご存知ですか?

 

ワイモバイルから出ているCRESTIA 402KCですがやっとSMSメールができるんです。

 

私が以前もっていた「WK340K」、これはウィルコムの携帯というかPHSですがこれは無理だったんですよ。

 

これでやっとショートメールが打てますしなんとなればSMSですから「LINE」の認証にも使えるんじゃないですか?

 

よくウィルコムやPHSでLINEができたとかありますけどあれって電話番号で認証できたという意味です。

 

端末はスマホを別途用意しないとダメというね。

 

じゃあPHSガラケーでできてねージャンってなもんです。

 

402KCからSO-03DにSMSメールを送る

さて話はそれましたがためしにやってみたいと思います。

 

SMS設定

1、まずメールメニューからSMS作成を選ぶ。

 

 

SMSのテスト

2、SMS作成画面で「SMSのテスト」と書いてみる。

 

 

SMS送信成功

3、「SMSのテスト」と送られているのが確認できました。

 

といってもメール402KCでメール画面からSMS作成を選んで送信先に電話番号を入れてメールの内容を書けばOKです。

 

それでぽちっとボタンを押せば画面にちゃんと出るというわけです。

 

これが以前はできなかったんですよ。「WK340K」にはなかったんですよね。これはだいぶ進歩しました。

 

技術の進歩ですね。たかがSMSごときでと思われるかもしれませんがそれでもなんだかちょっとうれしいんですよね。

 

 

CRESTIA 402KC Xperia SO-03D    コメント:0

ソニーXperia acro HD SO-03DをBluetoothテザリングプロファイル(PAN)が可能なのかを調べる件

読了までの目安時間:約 3分

 

Xperia SO-03Dのブルートゥースでテザリング用のプロファイル(PAN)の調べ方

 

Xperia SO-03D

 

この前ソニーXperia acro HD SO-03Dを購入したのですがその際にブルートゥースでテザリング用のプロファイルの調べ方を箇条書きにしました。

でもこれじゃ分かりにくいと思いまして画像なんぞを入れながら解説したいと思います。

 

1、まずはドコモのサイトにいってメニューの「お客様サポート」をクリック。

docomo01

https://www.nttdocomo.co.jp/

 

2、そして「カテゴリーから探す」から「ドコモスマートフォン」をクリック。

docomo02

 

 

3、プルダウンメニューから「メーカーを選択する」でソニーモバイルコミュニケーションを選ぶ。

「購入時期を選択する」で2012年を選択する

docomo03

 

これはたまたまソニーを選んだまでなので自分の好みでスマホメーカーを選べばいいと思います。
こうやってメーカーごとに対応しているプロファイルをしらみつぶしに探していきます。
ちなみにブルートゥースのテザリング対応は2012年くらいからだそうです。

 

4、ここで「Xperia acro HD SO-03D」を選んでみます。

 

docomo04

 

 

5、「サービス・機能とスペック」をクリック

 

docomo05

 

6、「その他」の「詳細を開く」をクリック

 

docomo06

 

ずらっと項目が出てきましたけどそのなかにブルートゥースのプロファイルが書かれているのが分かります。

 

docomo07

 

最後にある「PAN」がブルートゥースのテザリングの規格なんです。

このプロファイルがあれば晴れてブルートゥースでテザリングが可能となります。

 

Xperia SO-03D    コメント:0

ソニーXperia acro HD SO-03Dをテザリング用に買った件

読了までの目安時間:約 6分

 

テザリングのためにソニーXperia acro HD SO-03Dを買う

 

Xperia SO-03D

 

実は私は今までスマホを持っていなかったんです。
これだけスマホ全盛期にもかかわらずPHSで十分と思っていたひねくれものであります。

しかし事ここに至ってはテザリングのために手に入れなければいけません。

 

さてじゃあどれがいいの?ってなりますよね。

 

そこで私なりに考えてみたのですが今後SIMフリーを試す予定なのでその辺を考慮してドコモ系のスマホにしようと思い立った次第です。

そこで下記の条件を兼ね備えるスマホを探してみました。

 

1、ドコモ系MVNO格安SIMのロック解除が必要ないドコモ白ロム

2、テザリングができる
3、比較的安い価格

 

見つけました。それがこちらの「ソニーXperia acro HD SO-03D」です。

 

 

ちなみに楽天のソフマップで買いました。
ポイントが余ってたのが理由ですかね。

 

でも購入時に気を付けてほしいのが安いのはACアダプターが付いていません。

 

なので付属品をしっかりと確認しておきましょう。
あと不具合があって起動しないというケースがありますっていうか私がそれでした。
充電して使おうとしたらうんともすんとも言わなくなったんですよね。

 

中古だからある程度は不具合があるかとは思ってたんですけどさっそくか!ってなもんです。
そこでソフマップに電話したら返品対応しますとのこと。
別のスマホと交換はできないそうです。

 

だからわざわざ返品してまた購入してと二度手間になりましたけど今は落ち着いてます。
そんなことも中古だからあるんですね。

白ロムをゲットするときは気を付けましょう。

 

さて話がそれましたがこちらの「ソニーXperia acro HD SO-03D」はブルートゥースはできるのか気になりますよね?
その辺を実際にサイトのほうで調べてみましょう。

 

1、まずはドコモのサイトにいきます。
2、そして上にあるメニューの「お客様サポート」をクリック。
3、「カテゴリーから探す」から「ドコモスマートフォン」をクリック。
4、プルダウンメニューから「メーカーを選択する」をクリック。
5、ソニーモバイルコミュニケーションを選ぶ。

 

私はソニーを選びましたがほかに好きなスマホメーカーを選べばいいと思います。
そして対応しているスマホをしらみつぶしに探すのですがどうやらブルートゥースのテザリング対応は2012年くらいからだそうです。

 

実際に「購入時期を選択する」メニューで「Xperia acro HD SO-03D」を選んでみましょう。

 

1、「サービス・機能とスペック」をクリック
2、「その他」の「詳細を開く」をクリック

 

すると「Bluetooth通信」という項目があります。
ここの「PAN」がブルートゥースのテザリングの規格なんです。

細かく説明するとブルートゥースにはいろいろな規格があります。

 

これを「プロファイル」といいます。

 

Bluetoothで互いに接続するためには、通信しようとする機器同士が同じプロファイルを持っている必要があるんです。

 

しかもデバイスでプロファイルが変わるというクソ面倒くさい仕様となっています。
例えばヘッドセット(ハンズフリー関係)ならHFP、HSP。
印刷ならBIP、BPP、HCRP、OPPなどがあります。

 

ここでしっかりとPAN対応なのかどうかを調べてから実際にソフマップなどの通販サイトで在庫があるか値段は安いかなどをチェックするというわけです。

 

まぁまぁ面倒くさいですけど探せばありますのであとは値段と相談ですね。
でも最近のはお値段が張りますのでどこで妥協できるかです。

 

Xperia SO-03D    コメント:0