SIMフリー

MVNOのSIMフリーがあれば格安スマホに大変身!格安SIMやってみなはれ

SemiroスマートウォッチV16でランニングの地図が出ない!マップは使えるの?スマートブレスレット2019

読了までの目安時間:約 4分

 

v16_01

 

初めに、こちらを設定する前の設定として・・・、

 

v16_0001
ブルートゥースをON

 

v16_0002

位置情報をON

 

にしておきましょう。
位置情報をONにしておかないとアプリが認識しません。

 

 

スポーツウォッチとしても使えるのがこちらの「Semiro V16」です。
心拍数やら血圧を試したら今度はランニングを試したくなるものです。

 

いい機会なので、このSemiro V16で走ってみようと思った方もいらっしゃるかもしれません。
ではSemiro V16の地図はきちんと機能してくれるのでしょうか・・・?

 

Semiro V16でランニングしたら軌跡は出るの?

v16_run03

 

Semiro V16には選択肢にランニングという項目があります。これを「ランニングモード」と呼ぶようにします。
正式にランニングモードと呼ぶのか分かりませんが・・・。

 

とりあえずランニングのところをクリックすると3秒カウントダウンして始まります。
距離とか時間とか測ってくれるので、これはこれでいいかと思います。

 

しかし、せっかくなので自分が走った軌跡を地図で確認できればなおいいですよね?
ですが試してみると真っ白な画面に走った軌跡のような軌道が確認できるだけです。

 

なんでしょう、アリが穴を掘った後のようなカタチになるんですよね。
これではなんとも味気ないですし、面白みに欠けます。

 

そこでちょっと試しに地図をズームアウトしてみました。
すると日本地図になるのですが真っ白なんですよね。

 

v16_run01
東京が「东京」と表示されてます。

 

そのまま中国大陸にスライドすると中国のデータはあるみたいなんですよ。
でも速攻で日本に戻されてしまいます。

 

v16_run02
左にスライドさせ続けると「北京」が見えます。マップデータも入ってる感じ。

 

この地図はどうも中華アプリの「高德地图」なるアプリをベースにしているっぽいんですよね。
地図が出た時に右下にちらっと見えるんです。

 

Runtastic GPS ランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ

Runtastic GPS ランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ

Runtastic無料posted withアプリーチ

 

なのでしっかりランニングするのであれば、それ用のアプリを入れたほうが無難です。
私は「Runtastic」というアプリをインストールしました。

 

こちらはグーグルマップを使っているのできちんと地図上に軌跡が見えます。
最初からこっちのほうがいいですね。

 

確かにSemiro V16と連動とかはしませんけど、ストレスもないですし見やすいです。
もしこだわりがなければ、こちらのアプリで試してみるといいかもしれませんよ。

 

 

スマートウォッチ Semiro V16    コメント:0

SemiroスマートウォッチV16で血圧を測定!使い方は?!スマートブレスレット2019

読了までの目安時間:約 5分

 

v16_01

 

初めに、こちらを設定する前の設定として・・・、

 

v16_0001
ブルートゥースをON

 

v16_0002

位置情報をON

 

にしておきましょう。
位置情報をONにしておかないとアプリが認識しません。

 

 

心拍数と違って普段から血圧を測っている方もいらっしゃることでしょう。
年齢を重ねるとどうしても血圧が上昇する傾向にありますからね。

 

食事制限していてもどういうわけか下がらないなんてことも・・・。
そこで普段から血圧を意識すればもうちょっといい方向に行くのかもしれません。

 

なので今回は「Semiro V16」で血圧を測定してみましょうというものです。
このSemiro V16があれば血圧計はもういらない?

 

Semiro V16で血圧を測定

 

まず最初に「Semiro V16」の電源を入れて「血圧」画面を選びます。
血圧画面にすると端末が勝手に測定してくれます。

 

ですがxxxと出てうまく測定しない場合があるんですよね。
失敗するとガッカリしてしまいます。

 

そこでコツとして手首の内側に回して、さらにちょっと上から押しつけるように測定します。
もしくは肘の近くまで端末を持ってきてから測定します。

 

こうすることによって成功する確率が上がりますよ。
ちなみにアプリでも測定できますよ。

 

v16_ka01

測定成功。上が117で下が78。

 

 

v16_ka02

アプリだと上が110で下が73。

 

ですが、アプリでの血圧測定で1%ずつ増える場合は失敗します。
きちんと測定できてる場合、5%ずつ増えますのでそこはチェックしておきましょう。

 

Semiro V16の血圧自動測定データをアプリに同期させる

 

前回、心拍数をアプリと同期するというお話をしました。
血圧も同じように1日の終わりに端末のデータをスマホに送るという方法がいいでしょう。

 

でもアプリを一日中バックグラウンドで動かしているとバッテリーがなくなるんですよね。
これからの時代、寝る前にアプリに同期ですね。

 

ですが、初期設定では血圧は自動測定してくれません。
そこであらじめ設定しておきましょう。

 

まずアプリの「WoFit」を立ち上げます。
そして「スイッチ」をクリックします。

 

v16_ka03

「スイッチ」をクリック。

 

それから「血圧の自動測定」をクリック。
これで勝手に血圧を測定してくれます。

 

 

v16_ka04

「血圧の自動計測」をクリック。

 

 

v16_sps05

 

次に同期のやり方ですがバツ印をクリックします。
そして認識するとデータが表示されるのが分かります。

 

うまくいかないときは、一度「接続を切断」をクリックします。
それでもう一度つなぎなおして、バツ印を押して血圧のところに行くと反映されていると思います。

 

v16_ka05

同期する前はデータなし。

 

v16_ka06

1個しかデータがないが同期成功。

 

ちなみに心拍数は30分毎、血圧は血圧は1時間毎に数値がスマホに表示されるそうですよ。
これらも心拍数同様リアルタイムではなく、更新(つなぎなおし)しないと反映されませんので注意しましょう。

 

スマートウォッチ Semiro V16    コメント:0

SemiroスマートウォッチV16で心拍数を測定!使い方は?!スマートブレスレット2019

読了までの目安時間:約 4分

 

v16_01

 

初めに、こちらを設定する前の設定として・・・、

 

v16_0001
ブルートゥースをON

 

v16_0002

位置情報をON

 

にしておきましょう。
位置情報をONにしておかないとアプリが認識しません。

 

さて今回のエントリーは「Semiro V16」で心拍数を測定してみましょうというものです。

意外と自分の心拍数とかって知りませんよね?

 

なかなか運動とかしていないと心拍数とは無縁の毎日を送っていることかと思います。

せっかくスマートウォッチ(ブレスレッド)に心拍数を測る機能がついていますから使わない手はないです。

 

そこで今回は自分の心拍数を測ってみたいと思います。

 

Semiro V16で心拍数を測定

 

まず最初に「Semiro V16」の電源を入れて「心拍数」画面を選びます。
心拍数画面にすると端末が勝手に測定してくれます。

 

v16_sps01

私の心拍数90bpm

 

心拍数を連続て測定してリアルタイムで表示してくれます。
数値がちらほら出たなと思ったらすぐ消えてしまうので、見逃さないようにしましょう。

 

ちなみにアプリの方でも測定できます。
アプリの心拍数というところをクリックすると測定画面になります。

 

v16_sps04

心拍数のアイコンをクリック

 

v16_sps03

こっちは92bpmになりました。

 

Semiro V16の心拍数データをアプリに同期させる

 

アプリを一日中バックグラウンドで動かしているとバッテリーがなくなるというケースがあります。
それはブルートゥースではなくGPSのせいだというレビューがありました。

 

なので心拍数を測定するのは端末に任せて、そのデータを1日の終わりにスマホに送るというほうが賢明です。
そんなことができるのですね。アマゾンのレビュー侮りがたし。

 

やり方は簡単でアプリを立ち上げて、バツ印をクリックします。
そして認識するとデータが表示されるのが分かります。

 

v16_sps05

バツ印をクリックして画面を変更します。

 

 

v16_sps02

同期する前の心拍数データ。何もありません。

 

 

v16_sps06

同期した後の心拍数データ。反映されました。空白は端末をはずしてたからです。

 

うまくいかないときは、一度「接続を切断」をクリックします。
それでもう一度つなぎなおして、バツ印を押して心拍数のところに行くと反映されていると思います。

 

v16_sps07

同期がうまくいかない場合、一度「接続を切断」をクリック。

 

心拍数は初期設定でアプリが自動測定で認識するようになっていると思います。
そして心拍数は30分毎に数値がスマホに表示され、血圧は1時間毎に表示されるのだとか。

 

でもこれらもリアルタイムではなく、更新(つなぎなおし)しないと反映されませんので注意しましょう。

 

スマートウォッチ Semiro V16    コメント:0

SemiroスマートウォッチV16のLINE通知設定!使い方と着信は?!スマートブレスレット

読了までの目安時間:約 4分

 

v16_01

 

 

初めに、こちらを設定する前の設定として・・・、

 

v16_0001
ブルートゥースをON

 

v16_0002

位置情報をON

 

にしておきましょう。
位置情報をONにしておかないとアプリが認識しません。

 

 

さて、今回のエントリーは「Semiro V16」でLINEの設定と使い方について書いていきたいと思います。

やっぱりSNSといえばLINEですよね。

 

ツイッターやフェイスブックをやってなくてもLINEをやっている方は多いです。

かくいう私もLINEはやっていたりします。

 

そんな方のためにSemiro V16でLINEの通知設定をやっていきたいと思います。

 

Semiro V16でLINEの通知設定

 

まずアプリの「WoFit」を立ち上げます。
そしてSemiro V16を認識させてから設定に移ります。

 

もしアプリとSemiro V16が接続されていない場合、
WoFitを立ち上げて、「機器」のところをクリック。

 

 

v16_LINE01

「機器」のところをクリック。

 

 
v16_11
V16の画像が出たらクリック。

 

 

v16_LINE02
改めて「機器」のところをクリック。

 

 

v16_LINE03
「メッセージ」のところをクリック。

 

 

v16_LINE04
「LINE」のところをクリックしてONにする。

 

 

この時、許可しますか?とか聞いてくるのではいを押したと思います。
その辺もキャプチャをとっておけばよかったですね。

 

Semiro V16にLINEの通知は来るか?

 

これでLINEの通知設定は完了しました。
ちなみに電話の着信は初期設定でONになっています。

 

ではLINEにメッセージを送ってどんな表示がされるか実験してみましょう。
さてさて、うまくいきますでしょうか・・・。

 

v16_LINE05
「表示されるかテストします。」とメッセージ成功。

 

「表示されるかテストします。」とメッセージを送ったのが表示されています。
しかし、すぐ消えます。タッチボタンを押すとまた表示されますがそれで終わりです。
v16_LINE07
着信も表示されます。カメラが取れなかったのでこういう結果に・・・。

 

 

連絡が来たかどうか分かればそれでいいとは思いますが、本当にただの通知だけって感じです。
もうちょっとこちらの都合で表示されたいものですね。

 

あと画面を加工していますが発信者はちゃんと表示されます。

ちなみにスマホの画面がLINE以外なら通知がきます。

 

しかし、LINE画面になっていたら通知がきませんのであしからず。

設定をやってみたらそんなに難しくはないと思います。

 

v16_LINE06

 

今回はLINEだけですが電話の着信も同じように出てくれると思います。

 

スマートウォッチ Semiro V16    コメント:0

【購入レビュー】SemiroスマートウォッチV16の最初の設定や充電は?取扱説明書がしょぼい!スマートブレスレット

読了までの目安時間:約 5分

 

v16_01

 

この前なんとなくアマゾンを見ていたら面白そうなアイテムを発見しました。
それが「Semiro V16」です。

 

 

このSemiro V16は2019年モデルになります。
さてその実力のほどはいかに?

 

Semiro V16開封の儀

 

v16_02

 

とりあえず箱の大きさですがキーボードに置くとこんな感じです。
箱ですでにコンパクトなので中身も気になります。

 

 

v16_03

 

無造作に置いてみましたが、だいたいの大きさがつかめるかと思います。
アマゾンにもレビュー画像とかありますし、そちらでも確認してみてください。

 

Semiro V16の充電方法は

v16_05
v16_06

 

他のスマートウォッチ(スマートブレスレット)とは違って本体にUSB接続口があります。
なので、そのままパソコンのUSB口に突き刺せばオッケーです。

 

 

v16_04

 

v16_07

 

届いたらとりあえず充電しておきましょう。

 

Semiro V16のアプリの設定方法は?

WoFit

WoFit

WoFitposted withアプリーチ

 

さてSemiro V16のアプリですがちょっと前までは「H Band」だったんですかね。
でも今回、取扱説明書には「WoFit」となってました。

 

それはそうと、どうも取扱説明書が違うんですよね。
アマゾンのレビューはきちんと日本語用の取説になってます。

 

v16_08

 

しかし、私のほうは中国語英語日本語とごっちゃになっているやつです。
それにJAPって・・・。これって普通なのですかね。

 

 

とりあえずグーグルプレイでWoFitを検索。インストールします。
インストールしたらまず登録をします。

 

v16_09

 

最初にメールアドレス、パスワードを入力します。
プライバシーポリシーもオッケーを押します。

 

 

v16_10

 

するとメールアドレスに認証の数字が送られてきます。
それを先ほどの「認証」の欄に入力。

 

これでログインできるようになります。
認証とか面倒ですけどアプリと連動しないと威力を発揮しないので頑張ってやり遂げましょう。

 

Semiro V16の使い勝手はどうなの?簡単レビュー

 

この手に慣れていないとちょっと勝手が分からないですね。
しかもアプリとの連動が肝になるアイテムなのでまずは連動です。

 

しかし、この連動がクセモノでしてうまくいったりいかなかったりなんですよね。
今朝はいけたのに帰ってからアプリが認識しないとか・・・。

 

これが解決しないとイライラしますよ。充電が不足しているのかと充電もしました。
でも結局充電じゃなかったんですよね。もちろんブルートゥースもしっかりONになってます。

 

答えは位置情報ですよ。これがONになってないと認識しないというね。
それだったら最初から書けや!って思いました。

 

それにしてもSemiro V16はまだまだ使いこなせていないので、もうちょっと遊びたいですよね。
これからも他の設定なども書いていきたいと思います。

 

スマートウォッチ Semiro V16    コメント:0