SIMフリー

MVNOのSIMフリーがあれば格安スマホに大変身!格安SIMやってみなはれ

Windows 10 Mobileの格安スマホってどうなの?比べてみたらこうなった?DG-W10M、KATANA01<SIMフリー>

読了までの目安時間:約 7分

 

Windows 10 Mobileスマホが気になる今日この頃

 

Windows 10 Mobileといえばタブレットと言われるかもしれません。

 

ですがこれからはスマホが勢いを増してくるでしょう。

 

「そうはいってもWindows 10 Mobileスマホってぶっちゃけどうなの?」

 

と思われる諸兄も多いはず。

 

そこで今回は、知識のつたない私から見たWindows 10 Mobileスマホはどうなのかを見ていきたいと思います。

 

まずは値段ですよね?

 

どうせならお値段の安いスマホでスペックもまあなんとか納得のいくスマホがいいかと思います。

 

そうすると価格がやっぱり10,000円前後になりますがありました。

 

そんな2台のスマホをちょっと見比べてみたいと思います。

 

 Diginnos SIMフリー スマートフォン DG-W10M ( Windows10 mobile / クアッドコア / 5.0インチ / 1280*720 / デュアル SIM / LTE対応 / RAM1GB / ROM16GB )
DG-W10M
FREETEL KATANA01 ブラック/Windows10
KATANA01
プロセッサQualcomm MSM8909
(クアッドコア)
MSM8909 Quad core 1.1GHz
メモリ1GB1GB
ディスプレイ約5.0インチ
(1280×720ドット表示)
4.5インチ/854×480
(FWVGA IPS)
ストレージ16GB eMMC8GB
無線LANIEEE802.11 b/g/n802.11 b/g/n (2.4GHz)
BluetoothBluetooth 4.04.0 LE対応
通信4G / LTE:1/3/5/19
3G:1/5/9/19
(Band6を内包)
4G:1/3/8/19
3G:1/6/8/19
カメラ背面:800万画素
前面:200万画素
背面:500万画素
前面:200万画素
サイズ高さ:142.5mm
幅 :70.5mm
厚さ:9.2mm
高さ:132.8mm
幅:66.3mm
厚さ:8.9mm
重量約 145g約132g
バッテリー2300mAh1,700mAh
価格9,980円9,748円

 

ざっくり比べてみましたけどこんな感じですかね。

 

値段もそう変わらないので甲乙つけがたいところではあります。

 

ディスプレイの大きさや解像度、ストレージやバッテリーのところだけみればDG-W10Mかなとか思っちゃいますね。

 

それにカメラの画素数も違いますね。

 

SIMスロットですが、どちらも一応デュアルSIMとなっています。

 

ですがもう片方は国内では停波となっている2Gなので注意しましょう。

 

こちらは海外のSIM用として考えるとよいかと思われます。

 

通信ですが、どちらもプラチナバンドの19に対応。

 

KATANA01はドコモ以外にもSoftBankのプラチナバンドであるバンド8にも対応です。

 

Continuumはスペック不足でどちらも非対応となってますよ。

 

DG-W10Mの口コミから見えたメリットデメリットとは?

 

どちらもアマゾンで売られているのでチェックされた方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこでまずはDG-W10Mのメリットとデメリットを口コミからピックアップしてみたいと思います。

 

 

・バッテリーは14時間ぐらいしか持たない。

 

・iOSやAndroidでは当たり前のアプリがないので不便。

 

・モバイルルーターとして使っている。

 

 

口コミをまとめるとこんな感じでした。

 

セカンドスマホとして、モバイルルーターでテザリングという使い方がちらほらいらっしゃいましたね。

 

あと使えるSIMを口コミから拾ってきました。

 

でも動作を保証するものではないのであしからずです。

 

Bic SIM
本体9,980円+Bic SIM 3,000円・ 月々972円(データ通信のみ版)

 

YmobileSIM
APN設定もymobileのホームページでアンドロイド用の設定で出来た。

 

mineo
mineoのドコモプランでのAPN設定でいけた。

 

OCNモバイルONE
国内でOCNモバイルONEで軽く使ってみました。

 

DTI
DTI(mvno)のデータプランを契約しテザリング。

 

FreetelSIM
Freetel Simで問題なく使えた。

 

U-mobileSIM
U-mobileのSIMで使用できた。

 

DG-W10Mの口コミから見えたメリットデメリットとは?

 

では同じようにKATANA01も見ていきましょう。

 

ちなみにこちらも動作を保証するものではないですよ。

 

 

・Windows10mobileお試し端末。

 

・Windows10系のスタート画面がPC、タブレットよりも洗練されてる。

 

・タッチパネルの反応が悪い。

 

・待受けのみでも、バッテリーが一日しか持たない。

 

 

そしてこちらは以下のSIM設定がデフォルトで入ってるとのことです。

フリーテル、ぷらら、ワンダーリンク、DMM、ドコモモペラ、
エキサイト、ビッグローブ、ビーモバイル、楽天、DTI、はいほー、IIJMIO、
ソネット、ユーモバイル、ブイモバイル、あくせる、OCNモバイルONE。

 

とりあえず両方いえるのはセカンドスマホとして割り切って使うということです。

 

それとバッテリーがあまり持たないみたいなのも注意です。

 

肝心のアプリですがLINEレベルの有名どころでないとないです。

 

radikoとか検索してもなかったですよ。この辺も購入前に要確認ですね。

 

テザリングも両スマホいけますが、電源確保しながらでないとヤバイですよ。

 

 

スマホ本体    コメント:0