SIMフリー

MVNOのSIMフリーがあれば格安スマホに大変身!格安SIMやってみなはれ

eo光の多機能ルーターのスピードテストしたらこうなった

読了までの目安時間:約 5分

 

eo光の多機能ルーターを導入

多機能ルーター

 

先日、知人の勧めもありルーターを変えることにしました。
我が家のプロバイダーはeo光を使っています。

 

それにしてもここのルーターを結構前に導入して、はや数年が経過しています。
そこで思い切ってネット環境改善のためにV6を試そうと思い立った次第です。

 

実はネット上で申し込もうとしたのですが、これがダメだったんですよね。
よくよく見ると、最初から多機能ルーターでないとネット上でV6に申し込めないんです。

 

つまり、それ以前のルーターだと入れ替えをしないといけないんですよ。
ちょっと手間ですよね。

 

でもしょうがないと、電話でその旨を申し伝えて手続き完了。
それと申し込む前に分かったんですが、多機能ルーターには無線LANが内臓されてます。

 

私は今回、有線タイプをお願いしたのですよ。
それで電話で確認したら、なんと遠隔操作で無線タイプになるということです。

 

内臓なので、遠隔そうで有線から無線タイプになるということを知りました。
そんな風に今はなっているんですね。

 

スピードテストをした結果

さてそんなこんなで申し込んでから、1週間もたたずに届きました。

設置する前にスピードテストをやっておきましょう。

 

スピードテスト
多機能ルーター導入前

スピード設定v4

1.NTTPC(WebARENA)1: 82.50Mbps (10.31MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 85.90Mbps (10.74MB/sec)
推定転送速度: 85.90Mbps (10.74MB/sec)

 

多機能ルーター導入後

スピード設定v6

1.NTTPC(WebARENA)1: 70.40Mbps (8.80MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 81.29Mbps (10.16MB/sec)
推定転送速度: 81.29Mbps (10.16MB/sec)

 

あんまり変わってませんね。
ってか下がってます。

まぁ時間が導入後は夜になってしまったので、こうなりました。

 

何か設定とか抜けてるとこがあるんですかね。
これといって設定が漏れているということもないと思うんですけど。

 

あと市販のルーターを間にかましているので本体のルーター機能をオフにしました。
そもそも多機能ルーターはデフォルトで、ルーター機能がオンになってます。

 

それをオフにすると、今後管理画面にログインするときはIPアドレスを固定にする必要があります。
ローカルにIPアドレスを192.168.0.2にしてサブネットマスクを2552552550にするのを久しぶりにしました。

 

設定も最初は手こずりましたが、なんとかいけました。
間に市販ルーターをかまさなければそのままつなぐだけなので、普通なら問題なくいけると思います。

 

 

追記:
結局、多機能ルーターのルーター機能をオンにして、市販ルーターのDHCPはオフにしました。
そして市販ルーターに192.168.0.100を割り振り、無線LANを使えるようにしました。

 

一応、V6になっているというのは確認しました。

最近はこういった確認するサイトがあるんですね。

 

IPv6 test – IPv6/4 connectivity and speed test

多機能ルーターv6確認

 

ipv6test.google.com

グーグルv6確認

 

多機能ルーター導入後
スピード設定v6
下り速度53.59Mbps

 

スピードテストのサイトが違うのでちょっと比較しようがないですね。
また個人で確認してみてください。

 


スポンサーリンク

 

ルーター    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: